脂肪燃焼TOP > 脂肪燃焼しやすい体質になる有酸素運動

脂肪燃焼しやすい体質になる有酸素運動

ダイエットに関心が高い方はご存知の方も多い有酸素運動
ダイエットしやすい体質を作り出すのにはこの有酸素運動を行うことで新陳代謝を高めることが可能になります。
では、有酸素運動ってどういう運動で、私たちの体にどのような変化を起こすことができるのでしょうか?
まず有酸素運動とは、読んで字のごとく運動のエネルギー源の代謝に酸素がたくさん必要とされる運動です。逆に無酸素運動というのは運動する上での酸素があまり必要とされない運動になります。


たとえば、100メートル走を全速力で疾走する無酸素運動では、最大心拍数以上の高強度の運動として、筋肉の就職を起こすため、酸素を燃焼させないエネルギーを消費します。これは体内の糖分(炭水化物)を使うため、脂肪の燃焼はほとんどおこりません。
逆に持続的な運動であるマラソンなどの有酸素運動は継続的に筋肉を必要とするため、蓄えられている脂肪を燃焼させてエネルギーを得るようになります。

有酸素運動とは?

ではどんな運動が有酸素運動なのでしょうか? 25m泳ぐのはどちらなのでしょうか?もちろん無酸素運動です。 長い時間持続できるスピードで運動するのが有酸素運動です。
そう、有酸素運動とは、全身の筋肉を使い、長い時間続けれる運動なのです。

いつの有酸素運動がいいの?

ではいつ有酸素運動を行うのが一番効果的なのでしょうか?
まず体内のエネルギーを作りだす順番はどのようになっているのでしょうか?
まず初めに、炭水化物、次に脂肪、そして最後にたんぱく質という順番で使用されていきます。 皆様は脂肪を減らしたいかたがおおいですよね。ですので、炭水化物があまりない状態で行うことができれば、早く脂肪をエネルギーに変えることができるのです。

炭水化物が少ないのはいつでしょうか?
朝の時間です。ご飯を食べた後、炭水化物を体に入れない時間が一番たつからです。 そのため、朝起きてすぐの軽いジョギングなどの有酸素運動は脂肪燃焼に非常に効果的です。

無酸素運動の後の、有酸素運動、無酸素運動は炭水化物をエネルギーとして使う運動です。 そのため、無酸素運動後は炭水化物が少ない状態になります。 たとえば、スポーツジムでウェイトトレーニング後にジョギングのマシーンで運動を行うといった順番になります。

そのため、朝の時間にウェイトトレーニングを行った後、ジョギングを行う。
そして、それを筋力や代謝が保たれる2日に1度ぐらいの頻度でおこなうことができれば、代謝があがり、やせる体質を作り出すことができるのです。

通販の脂肪燃焼サプリメントの商品力・利用経験・リピート率・リピート傾向・利用意向の5つの項目をインターネットでリサーチ。夜スリムトマ美ちゃん平均96.1%、三黒の美酢平均49.5%、ベジデール平均37.0%、フォースコリー平均23.0%、
サラシアプレミアム
平均12.0%という結果
に上記結果に基づい
てランキングしました。